うさもひ

~5代目はソラマメ~

令和最初の・・・

なんでもかんでも
平成最後、令和最初って言えばいいってもんじゃないだろーがー!

令和最初の誕生日ってなんやねん。
私の令和最初の誕生日は来年だコノヤロー!
絶対言ってやるからな、令和最初の誕生日って来年言ってやるからな。

それはさておき。


5月20日は空豆の誕生日。
6歳になりました。

人慣れしていなくて触ることもできなくて
ケージを開けても外へ出ることすらできなくて
生牧草が食べ物だということも知らなかった
あの空豆が・・・

1019

ゴロンして。

1019

生牧草をラーメン食いして。

1019

兄になって。

1019

空豆、お誕生日おめでとう。

時間の流れが早すぎて
もう6歳になったことに驚いてしまう飼い主なのでした。


web拍手 by FC2

ゴロン大豊作

空豆のゴロンが止まりません。
見放題の撮り放題です。

1018

ついに
こんなことまで始めてしまいました。

1018

オチリにウンチ。
その右側の物体はタラコちゃんでございます。
毛色が濃いせいか、タラコちゃんの色もくすみピンクとなっております。

普通にしていてもやっていけるルックスだと思うのですが
お笑い系にイメチェンするつもりなのでしょうか。


ケージの外でゴロンしていることが多いので
ケージのメッシュの上で寝るのは嫌なのかと思いきや
そうでもないようです。

1018

お手手クロスを見ると
ウィッシュ!か東MAX!と言ってしまう飼い主なのでした。


web拍手 by FC2

春はゴロン

いよいよ新元号に変わりました。
昭和→平成→令和を生きているなんて
それだけ歳をとったことが寂しくもあり有り難くもあり。

生前退位だとこんなに雰囲気が違うものかと驚きつつ
お祭りムードにテンションがあがり新しいパンツなぞ履いてみました。
勝負パンツではございませんよ、ってどうでもいいですね。

空豆と裕次郎がサークルなしでくつろげる時代になればいいな
なんて期待しています。

1017 1 500

ここ最近はちと気温が低めですが
それでも立派に春がやってきました。

ゴロン解禁。

1017 3 500
※マットに点々とシッコしてるのはご愛敬


裕次郎が空豆の動きに興奮することが減ってきたので
長時間サークルに出してあげられるようになったら
空豆はこうなりました。

1017 4 333

裕次郎が周囲をウロウロしていても
しれっと転がっていらっしゃいます。

1017 5 500

男前だなぁアニキ。

無造作に置いたキューブハウスも
忘れたころに使ってくれています。

1017 2 500

いっそサークル飼いにしてしまおうかとも思うのですが
こっそり何か齧ってたりするから悩ましいところです。

web拍手 by FC2

重桜2019

知る人ぞ知る、うちの桜盆栽
名付けて重桜。

昨年の夏に葉焼けと水切れのダブルパンチで大ダメージを受けてしまい
枯れずに済んだだけでもラッキーだと、今年の花は諦めていました。

が、重(オヤビンこと最強の歴代うさぎ重千代)と名の付く桜は
そんなに”やわ”ではありませんでした。

かなり控えめですが、なんと花が咲いたのでございます。

1016

誰??

1016
※追記 はじめましてじゃなかったー。
    2015年のクリスマスにブログに登場してました、すんません。

本物の空豆は花見に興味はないご様子なので
今年は「世を忍ぶ仮の小さい空豆さん」に登場していただきました。

5年前にネットで見つけた
まめまりもさんという作家さんの羊毛フェルト作品で
細かいところまでリアルに表現した部分と
可愛く見えるようにデフォルメした部分のバランスが絶妙で
しかも空豆カラーにやられて即ポチってしまいました。
今でも宝物でございます。

普段はケースに入れて大事に飾っていますが
こういう楽しみ方もアリかなと思って撮ってみました。


話を戻して重桜ですが
今まで切るか切らないか迷っていた長い枝を
今年は思い切って切り落としてコンパクトにしました。

剪定前
1016

剪定後
左上が剪定前と同じアングルからの画像で
そこから90度ずつ回転させて全体を撮ってみました。
1016

枝が片側に集中して生えているので
もう片方にも枝が出てきてほしいところですが
木も生きものなので、そう簡単に人間の思うようにはなりません。

兎にも角にも
今年も枯らさないことが目標です。


☆おまけ

空豆と
世を忍ぶ仮の小さい空豆さんの2ショット。

1016


web拍手 by FC2

フードは食っても食われるな

春のワンコの恒例行事、フィラリア検査&予防の季節がやってまいりました。
どうせ採血するなら一般的な検査もやってみちゃいなYO!
今日はそんなお話。


2018年5月のこと。
年に一度のフィラリア検査のために動物病院へ行き
採血するついでに軽い気持ちで一般的な血液検査もお願いしました。
裕次郎は当時1歳半で
先生は「人間でいうたら20歳ぐらいやで。なんもないんちゃう?」と言いながら。
飼い主も「まぁ20歳の記念に。」とか言いながら。

ところがどっこい、なんとまさかの異常あり。
クレアチニンだけがギリギリアウトで基準値越えの1.9(基準値0.5~1.8)でした。
一般的には腎臓の機能の3/4以上が失われたときに上昇するそうで
裕次郎の年齢からは考えられないことなので経過観察になりました。

6月の再検査でも1.9と変わらずギリギリアウト。
先生からは、もう1ヶ月様子を見て改善がなければ
腎機能を温存するための治療を始めたほうがいいかもとの提案がありました。

飼い主にできることはないものかと
ひたすらネット検索すると心当たりがある情報にたどり着きました。
高タンパクのフードは犬の生活環境や体質によっては肝障害や腎障害を起こすことがあるとのこと。

裕次郎はカナダのアカナというメーカーの高タンパクフードを食べていました。
試しに標準的なタンパク質のフードに変えてみるとクレアチニンは見事に下がり始め
7月は1.6、10月は1.2と基準値(0.5~1.8)をキープしており
今後は年に1回、フィラリア検査と一緒に採血して経過観察することになっています。

もし思いつきで血液検査をしていなかったら
裕次郎の腎臓に負担をかけていることにさえ気付かなかったわけで
愛犬のためを思って選んだドッグフードで
知らないうちに寿命を縮めることになっていたかもしれないなんて
リアルガチでヤバイよヤバイよ!

そもそも裕次郎に必要かどうかも考えずに
良さげだからと安易に高タンパクフードを食べさせてしまったことを猛反省。

長年食べ続けていても全く異常がないワンコもいるでしょうが
裕次郎のように内臓に負担をかけてしまうワンコもいます。
あえて高タンパクフードを選ぶなら
念のため定期的に血液検査をしてみるといいかもしれません。


フードチェンジでクレアチニン問題は解決したものの
どれも食いつきはいいのにお腹に合わず下痢・泥状便・軟便のオンパレードで
今度はフード選びに苦労しました。
約10ヶ月かかって試行錯誤した結果、2種類のフードをブレンドしたら
安定して普通便が出るようになり現在に至る。

めでたしめでたし。


そして今年もフィラリア検査に行く時が近づいてきました。
クレアチニンが基準値であることを祈りつつ
ちとドキドキしている飼い主なのでした。


写真が1枚もないのもアレなので
裕次郎、某サービスエリア内にあるドッグランに
誰もいなくなった瞬間に入ってひとりでテンション上がるの図@犬生初ドッグラン

1015

こんな庭が欲しい。


web拍手 by FC2