|  HOME  | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

ごんぞーさんに花束を

またまた気付けば2ヶ月が経とうとしております。
毎回言ってますが、ほんとすんませんm(_ _;)m
見てくださっている方、本当にありがとうございます。

ごんぞーさんがいない暮らしに
慣れてきたものの
いなくなっちゃったんだなぁ・・・と思う度に
ものすごく寂しくなります。

ここにあなたがいないのが淋しいのじゃなくて
ここにあなたがいないと思う事が淋しい by大事MANブラザーズバンド
みたいな。

そんなわけで?
ごんぞーさん亡き後のエピソードを
書いてみようかと思います。



ごんぞーさん用のお花を用意しようと思って
フラッと出かけてフラッと迷いこんだ細い道の通りに
たまたま花屋さんがあったので入ってみました。

黄色系で(ごんぞーさんの毛色はイエローだから)
ひまわりを入れてもらって(夏だから)あとはお任せで
予算はこれぐらいで、という注文をしました。

したらお店の方が
「お誕生日ですか?」と言われたので
「いえいえ実はうちのワンコが亡くなりまして・・・」と返したら
お店の方も愛犬家だったようで
老犬あるある話で盛り上がってしまいました。

そうしているうちに、お店の方が
「うち明日からお盆休みやから(売れ残ったお花は処分することになるから)
これも入れとくわ。」
と言いながらガンガンお花を足してくれて
トドメに「これ、お顔の周りに飾ってあげて。」と
カサブランカまでつけてくれました。

完成したお花が、こちら。

976

完全に予算オーバーだよ。
絶対おまけのほうが多いって。
ものすごく嬉しい&なんだか申し訳ないわ。

人の優しさが身に染みた出来事でした。

そして、こんなにサービスしてあげようと思ってもらえるほど
お花屋さんの心をガッツリわしづかみにしたのは
ごんぞーさんじゃないだろうか
あのとき、ごんぞーさんが傍にいたんじゃないだろうか
ふと、そんな気がしたのでした。

兎にも角にも
お花屋さん、ありがとう。
スポンサーサイト






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

≫ EDIT

嵐を呼ぶ男

8月14日、17時
ものすごく晴れていた大阪某所に
突然真っ黒な雲が広がり滝のような雨が降り注いだ
束の間の嵐の中
ラブラドールレトリーバーのごんぞーさんが
眠るようにお空へ還っていきました。

975


2007年から当ブログに出演し
お笑い担当として主役を食う勢いで大活躍してくれたごんぞーさん。
ずっとお笑いのままにしてやってほしいとの相方さんの希望もあって
ごんぞーさんが介護犬ならぬ介護され犬になっていたことは
詳しくブログに書かなかったので
突然お知らせする形になってしまい申し訳ありません。

直接の原因を挙げるならば
加齢による腎機能の低下に伴う腎不全ということになりますが
タメ口で気さくな担当獣医師のF先生によると
「老衰といってもいいと思う。」とのことでした。

足腰が弱って全身の筋肉が落ちてきて
いかにも”The老犬”という感じで
自力で立って歩くことはできなくなっていましたが
お尻を持ち上げて体を支えてあげると
最期の最期まで歩くことができてたし
立った状態でゴハンを食べてたし
表情は乏しいながらも顔はしっかり男前だったし
毛並みと毛艶は若いもんに負けていませんでした。

17歳6ヶ月。

大吟醸・・・いやいや大往生。
よくぞここまで頑張ってくれました。


ごんぞーさんは
褒められると調子に乗ってしまうので
服やレインコートやコスプレグッズを
嫌がらずに着用してくれました。

975

私の体調が悪いときは
お世話の手を抜いても文句を言わずに我慢してくれました。
凹んだときには背中を向けてぴったり寄り添ってくれて
悲しいときには一緒に悲しい顔をして
嬉しいときには一緒に笑ってくれました。

引っ越しして環境が変わっても
いつの間にやらしれっと地域に溶け込んで
飼い主よりも顔が利く人気者になってやがりました。

賢くて優しいごんぞーさんがいなくなって
心にぽっかり大きな穴が開いています。
大きな体が部屋から姿を消して
家にもぽっかり大きな穴が開いています。

寂しい。

めっさ寂しい。

チョー寂しい。


でも、悔いはありません。

ごんぞーさんが長生きしてくれて
ぼちぼちお別れが近いことを教えてくれて
心の準備だとか精一杯お世話をする時間をくれて
嵐と共に去っていったから。

本当によくできたワンコです。
ごんぞーさんがくれた大きな愛に
私はちゃんと応えてあげられたのかな。

ごんぞーさん、ありがとう。
17年と6ヶ月お疲れさまでした。


今頃、全力で走り回っていると思います。
いろんな物をなぎ倒したり
ぶっ壊してるんじゃないかとヒヤヒヤしています。
もしかしたら三途の川で延々泳いで遊んでるんじゃないかと
ちと心配です。

975


うさぎブログに時々登場するワンコ、ごんぞーさんを
温かく見守っていただき
本当にありがとうございました。



975

ごんぞー
1999.02.19 - 2016.08.14






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

≫ EDIT

♪ごんはまだ 16だから~♪

2月19日は
ごんぞーさんの誕生日。

16歳になりました。

ティーンの方々には分からないかもしれませんが
16歳といえばセンチメンタルジャーニー。

何かにさそわれて
あなたにさらわれるお年頃。

しかし、ワンコ界では
大御所クラスの?立派なシニアさんなわけで。

外に出掛ければ
「大先輩」と呼ばれます。
目が見えているだけで感動されます。
自力で歩いているだけで称賛の嵐です。
片足を上げてシッコしようもんなら
神のように崇められます。

ごんぞーさんも
そんなお年頃になったんだなと
しみじみ思う今日このごろ。

寝ている時間が増えたり
関節が痛かったり、足腰が弱くなったり
若い頃のように機敏ではいられなくなったり。

あ、ゴハンとオヤツの時間は恐ろしく機敏です。
ラブラドール魂健在、みたいな。

老いていく姿に寂しさを感じることもあるけれども
それはシニアさんが醸し出す独特の愛おしさでもあるわけで。

できないことが増えていくのは悲しいことじゃない。
それだけ長く生きてくれているということに感謝しながら
これからも一緒に暮らしていきたいと思います。

941

ごんぞーさん
16歳のお誕生日おめでとう。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

≫ EDIT

いつか「趣味はカメラです」とか言ってみたいな、しれっと

新緑の美しい季節となりました。
・・・って手紙か、おぃ。

903

紫外線の影響が
致命傷となるお年頃ですが
この時期、やっぱり外は気持ちがいいですね。

新しいゴツいカメラをぶら下げて
ごんぞーさんと
お散歩してみました。

決して美しい風景ではなくても
カメラが変わると
なんだかいい感じに見えてくるとかこないとか。

903

階段を降りる、ただそれだけで
ごんぞーさんがカッコよく見えてくるとかこないとか。

903

自己満足で、すんません(。-人-。)

903

そんなねぇ、カメラが変わったからって
一体何が違うねんっちゅう話なんですが。

コンパクトデジカメは
私が何もしなくても勝手にいい仕事をしてくれますが
デジイチは、いい仕事をしてもらおうと思ったら
私が考えたり、やらなきゃいけないことが山盛りです。

自分でカメラを動かしている
そんな気がしてきます。

なんだかカメラに愛着が湧いてきます。

だからといって
いい写真が撮れるのかというと
それはまた別の話になるわけですが
兎にも角にも
お気に入り画像をUPしてみました。

903
※画像クリックで、ちと大きめ画像が出ます






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

≫ EDIT

犬畜生以下なんて犬に失礼だ

ごんぞーさんの誕生日から
早くも1週間が経ってしまいましたが。

なんやかんやで結局
ワンコブログになっちゃってますが。

今日もしれっと
ごんぞーさんです。


誕生日の晩御飯は
いつものドライなドッグフードが
ちとリッチな缶詰に変わります。

そして
誕生日プレゼントは
馬肉スライス35gでございます。

35gという、よくわからない中途半端な数字に
微妙なお顔のごんぞーさんでしたが。

892

ガッツリ食いついて。

892

至福の時間。

892


続きまして誕生日ケーキ。
せっかくなので、主役のごんぞーさんに
パーティー帽をかぶっていただいたわけですが。

892

乱入してきたリラックマに
おいしいところを全部持っていかれた
残念な主役風になってしまいました。

気を取り直してケーキ実食。

892

器まで舐めて
キレイに完食されました。

飼い主A曰く
ごんぞーさんがこんな顔をしたら
「美味しい」のサインなんだそうです。

892

ペコちゃんかっ!

ごんぞーさんは
キッチンに立つ私をキラキラした目で見つめ続け
出来上がったオヤツに、いちいち狂喜乱舞し
見事に平らげてくれるので
作り手として、こんなに嬉しいことはありません。

いてくれるだけで、しあわせ。

892

メシが出てくるのが当たり前だと思ってやがる野郎どもに
茶が出てくるのが当たり前だと思ってやがるジジィどもに
ごんぞーさんの爪の垢でも煎じて・・・いやいや生ぬるい!

肉球を拭いたタオルの絞り汁・・・いやいや
ヨダレ・・・いやいやウンk・・・(@自主規制)でも
煎じて飲んでいただきたいと本気で思うのでした。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

|  HOME  | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。