|  HOME  | NEXT >>

<< 2008年01月 | MONTHLY-SELECT | 2008年03月 >>

≫ EDIT

片付けられる女



前にも紹介しましたが、これは
重が新品の座布団に馴染めず、古い座布団に座っているところです。

今では、新品の座布団にも慣れ、愛用しています。
そして、こんな行動を始めました。




古い座布団が、なんだか手荒な扱い。




齧られてサイズが小さくなり、端に追いやられました。




すでに座布団の面影はなく
座布団であったと思われるパーツが散乱。




トイレそうじのついでに残骸を捨てると
古い座布団はなくなりましたが
新品の座布団は原型をとどめ、しかも無傷でした。




飼い主にできないことを、サクッとやった女。
恐るべし、重。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重がメイン | TOP↑

≫ EDIT

狩りをするうさぎ

Windows Internet  Explorerを7.0にバージョンアップしたら
記号が小さく表示されるようになってしまいました。
うんこを●で表現していますが、小さい●はウサ飼いにとって落ち着かないなぁ。



小鉄の散歩エリアは、キッチンにつながっています。
最近、高さ25cm程度の棚においてある非常食を
引きずり出して遊ぶのが楽しいようです。



本日の餌食は、サッポロ○番。
3つの味がありますが
一生どれか1つの味しか食べられないとしたら、間違いなく【みそ】
時々無性に食べたくなるのが、【塩】
どないでもええのは、【しょうゆ】です。しょうゆ好きの方、すんません。

話がそれました。



小鉄は、生野菜は食べませんが
乾麺、春雨、1度炊いた後でカピカピに乾燥したご飯は大好きです。
 注:この手のものを、うさぎに食べさせてはいけません。

ほんまに、うさぎなんか?



これは5袋パックの外袋なので、ラーメン本体は無事です。


こうやって遊んでいるわけですが、本当の目的は集客かもしれません。
袋を激しくガサガザすると、人間が止めに来るのを知っています。

そして



狙った獲物は逃がさずカクカク。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 小鉄がメイン | TOP↑

≫ EDIT

私をスキーに連れてって

こんなタイトルの映画がありましたね。
当時、白いウエアの女の子が増えたものです。


最近、Wiiでお茶の間でスキーができてしまうという
ゲームソフトが発売されました。
滑るだけではなく、記念撮影なんかもできて、結構楽しめます。
Wiiは自分でキャラクターを作ることができて
作ったキャラクターでゲームをプレイすることもできます。ゲームソフトにもよりますが。

ゲレンデに、重と小鉄を連れていってみたい。
現実には不可能でも、ゲームならできるかも…





そんなことを考えたうさぎバカは
重と小鉄を作って、ナイターゲレンデに登場させてみました。

テレビ画面を撮影したので、画質が悪いですが。

 

2匹が人間なら、こんな感じ…かな。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| うさもひ1枚写真展 ・ 小ネタ | TOP↑

≫ EDIT

ヤケ飲み

4日ぶりの更新です。

寝込むほどの風邪は滅多にひかない私ですが、寝込みました。
ようやく復活しましたが、なかなか手強い風邪でございます。
今日は外に出てみるかと思ったら、なんと雪。
しかもうっすら積もってるやん。えぇーー、どうなってんねん大阪。

飼い主が風邪をひくと、重と小鉄にも影響がでます。
へやんぽなし、トイレ掃除もサボりがち、ごはんだけはなんとかもらえる
そんな状況でした。すまぬ。

当然、重と小鉄にはストレスだったはずです。
2匹があからさまに何かに八つ当たりすることはありませんでしたが
強いて言えば、水を飲む量が増えてたような気がします。

多頭飼いの方は経験されていると思いますが
重が飲み始めると小鉄も飲む、小鉄が飲み始めると重も飲む、
さほど仲良しでもない2匹ですら
そんな感じで影響し合っているところがあります。


【飼い主ヤバイけど、うちらはうちらで強く生きていこな】
うさぎの世界にも、そんな連帯感や

195

飲まなやってられへん心境もあるのかもしれません。
今回、原因作ったんは私やけど。







web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重&小鉄 | TOP↑

≫ EDIT

いちご試食会

いちごが安かったので買ってみました。



安いいちごって、外から見えんかったら何でもありなんかぃ!と
思うぐらい、痛んだところだけが見事に隠れていたりしますが
これはまだ青かった。 ま、腐ってるよりはマシかな・・・


さっそく重の試食タイムです。



乾燥いちごなら、袋を開ける音を聞いただけで
喜んで飛びついてくるのに
生いちごのときは、なぜか哀愁漂う重。




この妙な距離と、怪しい眼差しは何なんやろう。




ねばること数分、ついに近寄ってきました。




食べるのか!?


重が去ったあとのお皿には、こんないちごが残っていました。



美味いのか不味いのか、ようわからん。
ごはん入れに置いといてみたら、翌朝もこのままでした。


小鉄の試食は、次回へ続く。







web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重がメイン | TOP↑

|  HOME  | NEXT

<< 2008年01月 | MONTHLY-SELECT | 2008年03月 >>