|  HOME  | NEXT >>

<< 2008年10月 | MONTHLY-SELECT | 2008年12月 >>

≫ EDIT

悲劇か喜劇か、フェイスキャッチャー

カメラには、いろんな機能が付いています。

説明書の、いちばん最初に書いてある
【製品を包んでいるビニール袋をかぶらないでください。窒息する恐れがあります】
この手の注意事項を見ただけで、お腹いっぱいになってしまう私は
その先を読むことができません。

PL法の存在は知っています。書いとかなアカンことは分かってます。
それでも、なんでしょうねぇ、この注意事項は。
人類の未来が心配です。

そんな理由で、説明書を読まないので、存在さえ知らなかったりして
ほとんどの機能を使いこなせていないわけですが、
珍しく、知ってても必要がない機能もあったりします。

それは、フェイスキャッチャー。

フレーム内にある人の顔を、カメラが認識して
顔がきれいに写るように、ピントから何から
自動調整してくれるという、人には嬉しい機能なはず。

うさぎをメインに撮っている私にはイランやろ、というか
うさぎの顔も認識できるもんなら、やってみてくれ
ぐらいに思っていました。


ナメてました。
やってみてくれるんですねぇ。

カメラが顔を認識すると、液晶画面上に白い枠が現れます。
どうやらフェイスキャッチャーが働いているみたいです。

実物を写真に撮ることができないので
イメージ画像で再現してみると、こんな感じ。



重の顔を顔だと、カメラが認識していることに驚きです。

この白い枠が現れるのは、何十回に1回ぐらいの低確率やし
結局うさぎを撮るには必要のない機能なんですけどね。



顔も体も同じなんやから、顔だけきれいに写っても…ねぇ。


そして
フェイスキャッチャーの弱点を浮き彫りにしたのが、この男。



小鉄の顔に白い枠がでたところを、1度も見たことがありません。
正面から見ると、確かに認識しづらい顔ではありますが
どうもブチ模様も、カメラを困惑させている様です。

小鉄のフェイスキャッチャーは、こんなところで登場します。



このへんとか、



このあたりなんかが顔だと、カメラは申しております。
また季節はずれなアルミボード画像を使ってしまいました…

性能が良いのか悪いのか、微妙。
気にするな、小鉄。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重&小鉄 | TOP↑

≫ EDIT

いつもの河川敷へ

うさんぽシーズンです。

いつもの河川敷で、いつものようにバーベキュー。
またまた金属七輪が活躍しています。
七輪も便利ですが、炭も便利になりました。
火を付けて乗せるだけで準備完了。



お肉を焼いて、食べるわけですが
外で食べると、より美味い気がしますねぇ。

ごんぞーさんがいると、ちょっと食べにくいけど。



切ない視線を、ビシビシ感じます。

…これは、たぶん動物ブログ界では使い古されたネタなんやろな。
2番煎じで終わるのも何なので
もう1発いっとこか。



やっぱり古いけど、分かる人には分かるだろう…




バーベキューの間は、小鉄はキャリーで待機です。
キャリーに入っているという安心感から、存在を忘れがちですがヾ(ーー )ォィ
うさんぽ中は、目を離してはいけないのは基本中の基本。

気候もいいし、日差しも穏やかなので、そこそこ走ります。
前回好評だった?走る小鉄。
今回は、全身をギリギリフレームに収めることができました。偶然撮れてただけですが…



アナウサギなので、常に走るわけではありません。
隠れる→動く→隠れる→固まる→飛び出す、て感じです。



隠れつつ、ティモテを披露。
両手(前足)で耳を挟んでいるのが、見えるでしょうか。

まだ昼間は暖かいけど、見上げた空は紛れもなく秋でした。



センチになっちゃうぜ。



この2ショットを、今年は、あと何回見れるかな。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| おでかけ ・ うさんぽ | TOP↑

≫ EDIT

うさもひ1枚写真展~ネイルアート~


タイトル  ネイルアート


目の部分は重の爪、鼻と口の部分は小鉄の爪です。
一応、ごんぞーさんを描いてみたつもり…






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| うさもひ1枚写真展 ・ 小ネタ | TOP↑

≫ EDIT

新しいカノジョ

年がら年じゅう発情期の小鉄。
ひとりで興奮しては、ブヒブヒと鼻を鳴らしています。
とどまることを知らない小鉄のカクカクに
彼女たちが悲鳴を上げています。



マンモスちゃんと、パンダちゃん。
得体の知れない汁による汚れは、もう洗っても落ちないし
小鉄に噛まれてボロボロです。

そろそろ新しい彼女を買わなアカンかなぁ。
今度は、どんなぬいぐるみがええやろ…
小鉄は今のが気に入ってるみたいやけど、もう同じものは売ってないし
いっそ解体して型紙でも作って、マンモス&パンダを手作りするか…

…面倒くさいな。

なんて考えながら、ふと思いました。

そもそも、【ぬいぐるみ】やないとアカンのか?

ぬいぐるみて、モノのわりには結構なお値段するし
そないに頻繁に洗えるものでもないし、
洗ったら洗ったで、乾くまでの間スペアがないし、
ボロボロになったときには情が湧いちゃってて捨てるに捨てられへんし
実は困ってる。

カクカクのお相手を、ぬいぐるみと決めつけたのは私の主観であって
当の本人、小鉄はどう思ってるんやろ。

こんなんでは、アカンかな。







全然いいみたい。

それなら、こういうのはどうや。







ノープロブレム。

バスタオル&バスタオル靴下の合わせ技で
カクカクしやすい高さ調節も可能です。



…なんや、なんでもいいんじゃねぇか。

こうして、小鉄に新しい彼女が、また2人?増えました。


でも、やっぱり
パンダちゃんが、いちばんお気に入りみたいです。



なんでもいいけど、一応好みもあるんやねぇ。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 小鉄がメイン | TOP↑

≫ EDIT

ぼちぼち見納め…かな

寒いというのに、なぜか重も小鉄も飲水量が増えてます。
空気が乾燥してるからなのか、
牧草を食べまくっているせいなのか、よく分かりません。

あ、飲水量いうても、目分量ですよ。
何ml飲んだとか量ってるわけではありません。
ごはんも、このスプーンに何杯とか、大体の量は決めてますが目分量です。
これは普通やと思ってるんですが、毎回きっちり量るのが普通なんやろか。

ごはんを1gの狂いもなく準備したり
トイレの重さを量ったり、●の数を数えたりして排泄量をチェックしたり
私の性格上、決して続けることはできない、これらのことを
毎日やってるうさ飼いさんは、ほんまに凄いと思うわ。

それにしても寒くなりましたね。
暑がりの小鉄でさえ、さすがに
うさぎの座ぶとんに座って暖をとっている模様。

夏の風物詩だった、重の伸びて寝る姿も
そろそろ見れなくなってくる頃かな。

そこで、重の寝姿を一気に大放出します。


10月3日



爆睡。
こう見えても、うさぎは警戒心の強い動物なんですよ。


10月24日



ケージの網が写ってしまいましたが
これがいちばん萌え萌えショットですねぇ。←親バカ
これでも、うさぎは警戒心の強い動物、らしいです。



同日の寝返りバージョン。目は開いてても、寝てます。
こんなだけど、うさぎは警戒心の強い・・・もうええか。


10月26日



警戒心、崩壊。平和やねぇ。
うさぎはいいよな、と思わず呟いてしまう飼い主。


11月7日



うさぎだって悩みがあるのかも、と思ってしまう背中。
本人は悩んでるわけじゃなくて、寝てるだけやろうけど。


小鉄は、カメラを持って近づくと起き上がってしまうことが多いので
寝姿を撮るのは、実は難しいんです。
重は随分カメラ慣れしたというか、なんというか…



…素。
こんな感じで、撮り放題です。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重がメイン | TOP↑

|  HOME  | NEXT

<< 2008年10月 | MONTHLY-SELECT | 2008年12月 >>