|  HOME  | NEXT >>

<< 2009年05月 | MONTHLY-SELECT | 2009年07月 >>

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

還ってきたオヤビン

5月11日、介護と掃除のしやすさ&動きやすさから
サークルで生活することになった重。

食べる量、水を飲む量が少しずつ増えていくと
当然●とシッコの量も増えます。
いくら吸水性の良いフリースとはいえ、そろそろ限界がやってきました。

体の汚れが目立ちはじめます。

が、まだ平衡感覚がないので段差のあるトイレは使えず
目的の場所へ素早く移動できないこともあって
トイレの場所も定まりません。
今度は、サークルより床が金網になっているケージの方が
衛生的と思われる状況になってきました。

そこで、5月21日に
10日ぶりに重をケージに戻すことにしたんですが・・・

なんと、重は金網ケージを歩けなくなっていました。

斜頚発症後、ずっと床にはタオルやフリースが敷いてあったし
重が使っているケージは、足裏の保護のために
わざと金網に弾力性をつけてあるので、普通の床を歩くのとは
感覚が違うのかもしれません。

重が動くと床がしなり、
床がしなると重がバランスを崩して転がる。

見てる私は、かなり楽しませてもらいましたが
ご本人は、激しくご立腹。

結局、ケージの床にフリースを敷いて様子を見ることにしました。



何が功を奏するのか分からないので
速乾バスマットも敷いてみましたが、
やっぱりシッコが付くと常にしっとりしてしまうのでダメでした。



寝心地はいいみたいです。
いやいや、そうでなくて、ちょっと歩いてみなさいよ・・・



コーナーでシッコすることが多いようなので
敷物の四隅を内側に折り曲げて、金網を露出してみました。

この、何気ない金網露出が
重の金網魂を呼び覚ましたようです。

5月22日、
床に敷いてあるバスマットやフリースの下に鼻を突っ込み
そのまま頭を持ち上げ、何やらご立腹。
どうやら、敷物が邪魔だとおっしゃっているご様子です。



仰せの通りに、敷物は全て外に出させていただきました。
こうして、重はすっかりケージに慣れてきました。

移動するときは、相変わらず右に倒れていくんですが
バランスを取るためか、上半身が左曲がりになります。
壁に目をぶつける危険性もなくなってきたので
ケージ壁面の足元に置いていたフリースも外しました。



体は、まだ壁にぶつかることが多いです。
念のために壁面をガードしています。

こうして寝ているのを見ると、随分痩せたなと思ったりもしますが
重名物!? おっさんな後ろ姿を拝むことができるのは
ものすごく嬉しいです。



また一歩、元の生活に近づいた重。
以前のように朝日を浴びる姿が、崇高に見えます。
重はうさぎやけど、私はコイツには勝てない、そんな気がします。
スポンサーサイト






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 斜頚・前庭障害:重 | TOP↑

≫ EDIT

○○探知犬

ワンコは、鼻が利くことで有名な動物ですね。
なんでも、癌細胞のニオイまで嗅ぎ分けることができるらしく
テレビで、癌探知犬として訓練を受けているワンコを見たことがあります。

癌探知犬が調べるのは人間の呼気、
つまりハァ~~した息なんだそうな。

人間にとっては、すごく有難い存在なんですが
なんだかワンコが気の毒な気もしますねぇ。

そんな能力を持っているであろうごんぞーさんは
一般家庭のワンコとして、のんびり暮らしています。



いつものように、いつもの河川敷へやってきました。

微妙な気温やし、晴れたら暑くなりそうやし
雨上がりで地面が湿ってるし、小鉄は留守番です。

今回は、重のためにクローバーを持って帰るという
ミッションがございます。

うさぎに野草をあげるときに注意が必要なのは
排気ガス、農薬、殺虫剤がかかっていないこと。

排気ガスは、車道から離れた場所を選ぶとして、
殺虫剤は、野草に虫がついている、虫に食われている、
野草を取りに来ている人をちらほら見かけることから
撒いてないだろうと考えられます。

あと、気になることといえば
ワンコのシッコがかかってることですかねぇ。

そこで、ワンコのシッコ探知犬
ごんぞーさんの力を借りようと思います。
ワンコはシッコのニオイだけで、会ったことがないワンコでも
性別、年齢、体の大きさなどなどの情報を得ることができるそうです。

ついでに、動物病院では恐怖のニオイを残しているらしく
そのニオイを嗅いだ別のワンコが恐怖を察するとか。
すばらしきコミュニケーション術です。



ごんぞーさんが反応するクローバー群は、シッコ付着率100%、
反応しないクローバー群は、シッコがついていないと
判断することにしました。

ごんぞーさんは、興味のないワンコのシッコはスルーなので
どこまで信用できるか分かりませんが・・・
まぁ最悪、シッコがついてたとしてもキレイに洗えばいいわけやし。

とりあえず頼むぞ、ごんぞーさん。



ごんぞーさん、カッコイイ!



あの~、クローバー群が見当たりませんが
ちゃんと仕事してくれてるんですかねぇ、ごんぞーさん。




シッコのニオイを調べてくれるのは有難いんですが
クローバーを踏まないでもらえませんかねぇ。



ほんまかいな。

ごんぞーさんの鼻を信じて、ここのクローバーを
持って帰ることにしました。



クローバーを押し潰しながら待っていてくれて
ありがとう、ごんぞーさん。


なんと、この河川敷では
大きなうさぎさんに会うことができるんですよ。



デカイです。ごんぞーさんサイズです。
こうして見ると、今までうさぎだと信じていたこのオブジェが
本当にうさぎなのか疑問に思えてきます。

うさぎに見えるでしょうか?






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

≫ EDIT

イネ科とマメ科の、うサラダ

先日、ごんぞーさんが選んでくれたクローバーを
キレイに洗って、重と小鉄にあげてみました。

少量ですが、生牧草も手に入ったので
本日のメニューは、ヘルシーなイネ科のチモシーと
栄養たっぷり、マメ科のクローバーの
バランスの取れたサラダでございます。



名づけて、うサラダ。
うサラダの「う」は、もちろんうさぎの「う」である。

クローバーはマメ科でカロリーが高いから
大人うさぎに食わせちゃイカンという意見もございますが、
オヤツも食えねぇ、ジャンクフードも食えねぇ、酒も飲めねぇ、
ゲームもできねぇ、Hなビデオのひとつも見れねぇ、
そんな人生オモロないやん?
ちょっとぐらい、ええやん。

うさぎにだって、兎生の楽しみがあってもいいじゃないか
そう思うわけです。

さぁ、食えぇぃ!



重は、チモシーからいきますか。
アンタは病み上がり5秒前の体やから、
カロリー気にしなくてもいいんだぜ。むしろ食ってくれ。



でました。チモシー&クローバーの同時食いです。
お口の中に広がるイネ科とマメ科のハーモニー。て、どんな味なんでしょうか。



さすがごんぞーさん、良質のクローバーだそうです。



重はご満悦。


続いて小鉄ですが、



うサラダを放置して脱走。



カクカクのほうが大事なようです。
それも兎生の楽しみかぃ? ←本能です



小鉄も、チモシーからいきますか。



口からチラッとクローバーがはみ出しているのが見えるでしょうか。
食べるのが早すぎて、カメラがピントを合わせている間に
クローバーは小鉄の口に消えていきます。

おまけに顔がデカイので、ケージの手前側に立たれると
もう顔しか写りません。

小鉄の撮影は、結構大変です。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重&小鉄 | TOP↑

≫ EDIT

気分転換!?

姉さん、事件です。(古っ!)

6月7日、朝6時、久々に重の力強い足ダンを聞きました。
ケージを覗いてみると、



なんとまぁ、イカツイお顔♪

・・・ではなく、眼振が出てました。
眼球が左方向に流れて元の位置に戻る、これを
小刻みに繰り返しているわけなんですが、
眼と一緒に首も左についていってしまうので、こんな顔になるんですねぇ。

しかも、重の世界は右方向に回転しているはずなのに
今回はなんと、左に回転しちゃってるではありませんか。

眼振のスピードも速いし、逆回転やし、おさまらんし、
明らかにいつもと違うからオカシイ、ちょっと病院行っとこか!

そう思いながらも、多少余裕がありました。
発症時の状態に比べたら可愛いもんやし、
上の画像をごらんの通り、本人もパニックを起こさず
逆回転な世界を受け止めています。

重も根性据わってきたなぁ。元々据わってるけど。

かかりつけの病院が開くのを待って受診することにしました。
なのに、なのに、重のやつ、病院へ向かう車内で眼振を消しやがった。
おまけに、しれっと外を見てやがる。
普通、眼振は興奮したりストレスがかかった時に出やすいんですが
なんで車に乗ったら消えるねん。
なんで寝てるときに眼振出てんねん。重、どういうこっちゃ。

安静時に眼振が出るうさちゃんて、他にいてるんやろか・・・

どこからどう見ても普通のうさぎになってしまいました。
診察室に、「今日は何しに来たん?」な空気が流れるやん。

せっかく来たし、何かあっても困るし、一応診察受けたけど
前より立てるようになってるし、お肉もついてるし良くなってますね、で終了(* ̄ノ ̄)/Ωチーン
しょうもないことで大騒ぎして病院に駆け込んだイタイ飼い主みたいで嫌やわぁ。
動画でも撮っときゃよかったぜ・・・
眼振が出たときに使うために、めまいを抑える薬を出してもらって
様子を見ることになりました。

ここ2~3日、牧草は良く食べるけどペレットを残すことを院長に話してみると
『うさぎさんは、調子が悪いときは
牧草をたくさん食べようとする傾向がありますね』とのこと。
ペレットを残すと飼い主としては心配やけど
本人が体に必要なものを選んで食べてるんやとしたら、
ペレットを残してても気にしなくてええんかな。と解釈してみたりして。

この時期は、うさぎも体調を崩しやすいから
気を抜けませんが、神経質になってもアカンし、難しいですねぇ。

そんな飼い主の気も知らずに
家に帰った後の重は、すこぶる元気にごはんを食べてました。



好きなものだけ選りすぐり、ペレットを残して。



食べたら寝る。

あの逆回転眼振は、一体なんやったんや・・・






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 斜頚・前庭障害:重 | TOP↑

≫ EDIT

忘れてたぁ( ̄ロ ̄lll)

なんちゅうタイトルや・・・

重がクローバーやペレットを普通に食べている画像を
しれっと出してしまいましたが
その前にUPするはずやったネタを
すっかり忘れてたことに、今さら気付いてしまいました。

話が前後しますが、お付き合いくださいませ。

【普通に食べる】
それは、普通やねんから、できて当たり前なんですが
平衡感覚がないと、これがなかなかハードルの高い作業です。

まっすぐ立つ→頭を下げる→狙った食材を確実に咥える→頭を上げる。
4つのポイントで体のバランスを取ることを要求されるわけです。
そりゃメシも美味くないわな。

移動するときは、右側の壁にもたれていれば安全ですが
食べるときは、自分で食べ物の所へ行かなければなりません。
ここで、
いつまでも食べ物を口元に運んであげるようでは
うさぎをダメにするのである。飼い主の愛のムチなのです。

それ以前に、平衡感覚のないうさぎが
左右に揺れながら手元に狙いを定めて飛びついてくる姿は結構怖い。
酔拳みたいやねんて、マジで。
向こうも必死なので悪気がなくても噛まれちゃうし、
食べものの手渡しは危ないです。

そこで、重がバランスを取るためにあみだした技が、こちら。



右回りの世界に抵抗するかのように、左曲がり。
カブトムシの幼虫みたいな形ですが
この技をマスターしてからは、右に支えがなくても
短距離なら移動もできるようになりました。



慣れてくると、左曲がりの上半身も
ほぼまっすぐにできるようになりました。



普通に食べてる姿を見た日にゃあ、それはもう小躍りしましたがな。

またひとつ乗り越えた重が、誇り高く見えたものです。
でも、写真をよーく見ると・・・



すごくカッコよく見えるのに、さりげなくもたれて体を支えてたなんて
こすいことするじゃないの、オヤビン・・・






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 斜頚・前庭障害:重 | TOP↑

|  HOME  | NEXT

<< 2009年05月 | MONTHLY-SELECT | 2009年07月 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。