|  HOME  | NEXT >>

<< 2009年08月 | MONTHLY-SELECT | 2009年10月 >>

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| スポンサー広告 | TOP↑

≫ EDIT

愛と友情の大顔面

当ブログをご覧のみなさま、突然ですが
何の前フリもなく、まずは歌っていただきましょう。



「あなたがいれば何も恐くない」みたいなことを仰ってるようです。
ラブソングですねぇ。


372

キミら、どないなってんねーんっっっっっっっΣ( ̄ロ ̄lll)


My Heart Will Go Onといえば、某映画のテーマソングで有名です。
酷評も多いため、詳しくは触れませんが
個人的には、あの映画んときのディカプリオが大好きや♪


ちょっと衝撃的な、重と小鉄の写真ですが
早い話がこういうことでございます。


ベイビーちゃんに反応してしまったあなたは、 もしかしておっさんファン?( ̄m ̄* )コノミガアイマスネェ

うちでは保安のため、うさんぽ時は重側と小鉄側の2重のサークルで仕切ります。
この日は、うさんぽ準備にちと手違いがあって
小鉄側のサークルを設置していないのに、小鉄が出てきてしまいました。
重が大好きな小鉄は、当然重のサークル前まで進出してきます。

素早く移動しながら自分の体を上手く支えることができない重は
サークルに迫り来る小鉄の大顔面を避けきれなかったのでしょうか。

上から見てみましょう。



重が手を左右に大きく開いているのが見えるでしょうか。
バランスを取ろうとしてるんやろか。
それとも手の力も足の力もダブルで弱いんやろか。

このビジュアルは、開帳肢っちゅう病名が一瞬頭をよぎりますが
常に開いてしまうわけではないので様子見。


飼い主は、大事なことを忘れて
「あれ? 今日の重は怒らないねぇ。」などと
悠長なことを言いながらサークル越しの2匹を見物していたのです。

怒らないのではなく、
後ろ足だけで立つことができない重には、両手から放たれる
得意技のうさパンチを出すことができなかったのです。

うさパンチが出せない重は、「ぶーっ」と鼻を鳴らして・・・



なんと、撤退。
これは的確な判断だと思います。
しかしオヤビンには覚悟がいる行為やったかもしれへんし
プライドは傷ついたことでしょう。すまん。

重の「ぶーっ」で、小鉄はそれ以上前に出ることはありませんでした。
小鉄の力なら、このサークルを押すことなど簡単にできるはずです。
それだけでなく、その日の小鉄は
パンダちゃんとマンモスちゃん(お気に入りのぬいぐるみ)にも
カクカクすることはありませんでした。

重の「ぶーっ」には、同じうさぎである
小鉄だけが理解できる叫びが含まれてたのか、
小鉄自身が重の変化に気付いて思うところがあったのか、
小鉄がヘコむほどオヤビンの威嚇は強烈だったのか、
それは謎ですが
なんだかんだ言いながら、重と小鉄はいいコンビなのかな・・・なんて
都合のいいまとめ方をしてみるのでした。




それにしても、
「女の尻を追う」っちゅうのは、まさにこのことを言うんやろなぁ。
スポンサーサイト






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重&小鉄 | TOP↑

≫ EDIT

その後の・・・

8月30日の、ごんぞーさん。

コンビニに買い物に行った飼い主の帰りを
ひたすら待ち続けています。



重と小鉄は、私の姿が見えなくなった時点で
しれっと寝てるんやろな。

ワンコが飼い主を思う気持ちには頭が下がります。

そんなごんぞーさんを見ながら、思わず涙がでてしまいました。
コレですわ。


※首輪部分を拡大

おい、ごんぞーさん、骨型チャームがなくなってるやないか!(T△T)

2週間とちょっとで、首輪に付いていた飾りを紛失してしまいました。
わざとぶっ壊したわけじゃなくても、力が有り余る大型犬やから
どっかでどうにかなって、落としてしまうんでしょうねぇ。


※8月中旬、首輪を新調した頃のごんぞーさん

骨型チャームよ、短い間やったけどありがとう。そしてさようなら・・・



うちのベランダのクローバーですが
河川敷産、ニュージーランド産、共に成長してます。

クローバーて、最初から三つ葉なんやと思ってたけど
双葉の次に生えてくるのは三つ葉じゃないんですね。



これはニュージーランド産の種から発芽したものです。
こんな感じでアイドリング1枚葉(勝手にネーミング)が伸びてきます。
なんか重要な役目でもあるんやろか。

1枚葉のあとで、3枚葉(三つ葉)がニョキニョキ伸びてきました。



葉っぱの大きさはまだ5㎜ぐらいですが、ちゃんとクローバーです。
四つ葉じゃなくても、なんか嬉しくなります。
種から育てるって楽しい。


河川敷産の種から発芽したものも
めちゃめちゃ小さいけど三つ葉がでてます。

ニュージーランド産と違うのは、1枚葉が大きく伸びてこないこと。



下のほうに隠れてしまうような葉っぱなら、なくてもいいんじゃね?
この葉っぱ、何にために出てくるのか、めっちゃ気になるわ。

重と小鉄のオヤツになるまでの道のりは、まだまだ遠いねぇ・・・


<追記>

勝手にネーミングしたアイドリング1枚葉について調べてみました。

多くの植物は、子葉(双葉の正式名称だそうな)の後に本葉がでてきますが
一部の植物は、
子葉の後に初生葉(しょせいよう)が出て本葉がでるそうです。

私がネーミングしたアイドリング1枚葉は、
正確には【単葉の初生葉】というそうです。
こう言っちゃなんやけど、私のほうが伝わりやすいぜっ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

なんのために生えてくるのか、一番知りたい部分は
結局分からないままなんですが、「そういう仕様」なのかもしれませんねぇ。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| ごんぞー登場 | TOP↑

≫ EDIT

小鉄のココロ

誰しも、自分が落ち着ける場所があると思います。
小鉄の場合は、ケージの向かって右端のようです。



この位置で、ケージの壁とトイレに挟まれるのがベストだそうです。
トイレは自分で動かして配置してるんですよ。
ちょっとした職人技です。



こんな感じで丸くなって寝ている間は微笑ましいんですが、
暑いせいか、伸びてくるとワケがわからない。




はみ出してきてます。
前の尺が足りてないんじゃないでしょうか。

もう少し後ろに下がった方がいいですよ。



後ろに下がったら下がったで
今度は微妙に足が納まらない様子です。

これはどないやねんと思って、上から見てみると。



体、ごっつ曲がってるやん。全然尺足りてへんがな。
ケージの長いほうに寝たらよろしいやん。
ここにお前の何がある。

ほんで、小鉄は3頭身なんだねぇ( ̄m ̄〃)


そこまでして
ケージの右端にこだわり続ける理由はさっぱり分かりませんが
ここは、紛れもなく小鉄のお気に入りの場所なのです。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 小鉄がメイン | TOP↑

≫ EDIT

重の弱点と、ショボイ苦悩

『後は元の生活に戻れるようにリハビリしてあげてください。』
獣医さんにそう言われて
重の斜頚の治療が終了したのが5月中旬。

獣医さんが言うリハビリとは、
病人扱いせずになんでもやらせてやれ風な意味やと
解釈してはいるんですが・・・

先生、後のことは飼い主に丸投げっすか!て
お世話になった先生に対して心の中で無礼なツッコミを入れつつ
あれから3ヶ月以上過ぎたわけですが
まだ元の生活には戻れていません。

それは本当の意味でのリハビリができてないんちゃうかと
ふと思うことがあります。

重だって、仮に痛かったら動かせへんやろうし
動かしたくても動かないところがあるんかもしれへんし
そうなると
使える機能だけしか使わないことになるわけやから
重を自由に走らせてるだけではアカンのかも。

重ができひん部分に、手を出してやらなアカンのかも。

と、いうことで
重の行動を見直してみることにしました。



まずは左右にユラユラ揺れる。
手(前足)をやたらと左右に開くことが多くなりました。
これはバランスを取ってるんかな。
人も、足を揃えて立つより開いて立つほうが安定しますよね。

次は、お尻から右側にコケる。


以前使用した画像ですが・・・

そして後ろ足だけで立てない。
両手で顔を洗うとか、ティモテとか、ケージに掴まってアピールとか、
ホリホリとか、うさパンチもできません。

これは右足の踏ん張りがきかないのかと思ってました。

その足なんですが。



左足で顔や耳を掻くとき、さりげに手で足を支えてるのが
おわかりでしょうか。
オヤビンにしては、こすい技です。



体の左側の毛づくろいのときは、思いっきりケージにもたれてます。
完璧にイカサマです。

右足に力が入らないからやと思ってました。

しかし、見てしまった。



前から見ると、右足だけがはみ出してます。



上から見ると、こんな感じ。
これは、ちゃんと右足で踏ん張ってるんちゃう?

そういえば
重の右足がシッコで汚れてることがあるし、重心は右側にあるのかも。

よくよく考えたら
重が体の右側を毛づくろいしている所は、ほとんど見ません。
体の右側の毛並み、特にアンダーコートがボサボサやから
実際に毛づくろいができてないんでしょうね。

体重が右側にかかってるってことは、問題なのは
右足じゃなくて、むしろ左足やろか。

それか、重の平衡感覚が完全に戻ってないとしたら
世界が右方向に回ってる重の重心が右にあってもおかしくはないし
それなら後ろ足で立ち上がれないのも理解はできる。
でも、
自分の口で訴えることができない動物の場合、
どこがどう具合悪いか分からんから
明らかに病的な症状でもなければ治療の対象にはなりません。

結局、何もわからんし、何してええんか答えは出ません。

重には、世界がどう見えてて、どこが具合悪いのか
具体的に知ることができたら、してあげられることが簡単に見つかるのに。

なんぼ可愛がってても、よく知ってるつもりでも、
気持ちが通ったような気がする瞬間があったとしても、
すべてを理解できてるわけじゃないねんな。
うさ語翻訳機が欲しいわぃ。

とりあえず、今できることといえば
手足のマッサージとか、オヤツで釣って
走らせる&苦手な方向へ旋回&段差を登る、ぐらいかな。

・・・て3ヶ月も経ってから言うことではないよなぁ。(; ̄ー ̄A

リハビリて一言でいえば簡単やけど、やるのは難しくて見てるのは歯がゆい。


そんな、どこにもぶつけようのない私の気持ちを癒してくれるのは
あの、松岡修造さんです(笑) 熱さがたまらなく好き。
松岡修造オフィシャルサイトの
修造からのビデオメッセージ、『こんなあなたに・・・』はツボにハマりまくりです。

恐れ多いのでリンクは貼りませんが、URLはこちら。
http://www.shuzo.co.jp/
興味のある方は、ぜひぜひご覧ください。オススメです。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 斜頚・前庭障害:重 | TOP↑

≫ EDIT

飛び出した○○○に責任持てません

このタイトルに、とあるメロディーをつけて歌える人は同年代!?

いきなり涼しくなってきました。
ぼちぼち秋なんでしょうか。

気温差が激しいので
うさぎにとっても要注意な時期ですね。
なんだかんだ言いながら、
うさぎは1年中要注意な気がしないでもないですが・・・



1日中べったり張り付いていたアルミボードとも、お別れです。


※分解されて干されるアルミボードの図

普通なら、涼しくなったからお別れしたいところなんですが
小鉄の場合は、まだまだ暑かった8月中に
すでにアルミボードを撤去してしまいました。

それは・・・



手足もオチリも、お腹も黄色くなってしまったから。
黄色い色は、シッコの色なのでございます。
アルミボードにかかったシッコの上に乗ってしまうと、こうなるんですねぇ。(-ω-;)

私には、そんな小鉄を叱ることができません。
それは、小鉄がうさぎだからではありません。
うさぎだって、叱られていることは理解できるんですよ。反省するかどうかは別ですが。
アルミボードを汚したのは、小鉄やけど小鉄ではないのです。

ご覧頂きましょう。

現場を写真に収めるのが難しいので、
小鉄のお気に入りのぬいぐるみである
マンモスちゃんに代役を務めていただきます。

これが、正しいトイレの使い方。



囲いがある側にオチリを向けると、シッコはトイレに収まります。

次は、残念なトイレの使い方。



囲いがない側だと、オチリがはみ出してしまうので
トイレの外に華麗な放物線を描くことになります。
その先にアルミボードがあったとしたら、ジャストミートです。

しかし、ご本人は
ちゃんとトイレに入って用を足しているつもりです。
トイレでシッコしたのに怒られたら混乱してしまうことでしょう。
アルミボードを汚したなんて言われても、身に覚えがあるはずもない。
怒るに怒れねぇ。

ほんで、はみ出していることを小鉄に教えるのは難しいし
堂々と胸を張って放物線を描いちゃってる小鉄が、結構好き。

重がトイレを使っていた頃は、正しい使い方しかしませんでした。
トイレの使い方にも性格が出るんですねぇ。



身から出ちゃった錆、とでも言いましょうか・・・






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 小鉄がメイン | TOP↑

|  HOME  | NEXT

<< 2009年08月 | MONTHLY-SELECT | 2009年10月 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。