|  HOME  | NEXT >>

<< 2010年02月 | MONTHLY-SELECT | 2010年04月 >>

≫ EDIT

春ってことで、いいね

個別にお返事できる仕様になってなくて申し訳ありませんが
前回の記事に暖かい拍手コメントを頂き、ありがとうございました<(_ _)>

病気になってしまったうさちゃんと暮らしてるのは
私1人だけじゃない、そう感じられるのは、とてつもなく心強いです。
ありのままを、ちゃんと受け入れて生きてる重を
私もありのまま受け入れつつ見守りたいと思います∠( ̄◇ ̄)



2月下旬に急に暖かくなったときは、違和感を感じてしまいましたが
3月に突入してしまうと、この暖かさは、もう春なんやねぇ・・・なんて
あっさり納得してしまう、なんとも単純な私。

実際に、重と小鉄もヒーターから離れていることが増えてきました。
小鉄のヒーターは、もう電源すら入れていないことが多いですが(笑)




重のゴロンが豪快です。




小鉄のゴロンは、中途半端にセクシーやったりする( ̄∇ ̄;)
わかりにくいかもしれませんが、手をクロスさせた
悩ましい系ポーズを決め込んでおります。


せっかくなので、全身をご覧いただきましょう。



うさぎの体て、想像以上に長いんですよねぇ。
カメラのフレームギリギリに伸びてます。
ケージ内の撮影は、大抵網目の隙間から盗撮?してるんですが
これ以上伸びられてしまうと撮影不可能や。




小鉄の場合はうさぎというより、やっぱりエビフライやな・・・

うさぎが伸び始めるとボチボチ春、ですかねぇ。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重&小鉄 | TOP↑

≫ EDIT

肉か、草か

いきなりですが、テンプレートを春バージョンに変えてみました。
ちと早くね?&コレが春なのか?な気がしないでもないですが・・・

一応すっきりさせてみたつもりですが、全体的に白すぎて見づらいかしら。
目が痛ぇよっ!という方がいらっしゃったら、遠慮なくご一報ください。
苦情のレベルによっては調整します(〃 ̄ω ̄〃ゞ


続きまして、どないでもええ小ネタその2です。


私が今現在ハマっている
とあるゲームでは、ナイスなプレイをすると勲章がもらえます。

今回ご紹介する勲章は、決して難しい操作を要求されるものではありません。
ぶっちゃけ誰でもできる、何の自慢にもならない内容なんですよ。
ソコではなくてね、
勲章のタイトルに注目していただきたいのでございますよ。

コレ ↓



1985年辺りに物心がついてた方なら、ピンとくるんじゃないかしら。
これって、
荻野目ちゃん?? 荻野目ちゃんだなっ!? 荻野目ちゃんやろっ!!

こういう小ネタが隠れてるところが素晴らしい。
ありがとう、スクウェアエニックス。真夜中に全力で踊った甲斐があったよ。
踊るのはキャラであって、私はコントローラー振ってるだけですが・・・

ダンシングヒーローこと、こまつレイルは
バトルのほうでもメキメキ腕を上げつつシンデレラボーイに成長しております。


最後になりましたが、トドメの
どないでもええ小ネタです。

世間では、肉食系女子だの草食系男子だのと言われておりますが、甘いっ。
うちはもっと複雑なのでございます。
ご紹介しましょう。


こまつ家の頂点に君臨し続ける女オヤビンこと、重。


草食動物ではあれど、どんな獣とでも戦えそうな迫力をお持ちです。
伝わってるかしら・・・
ガンガンいきますので着いてきてくださいよぉ。


食って寝る場所があれば、些細なことに興味はない小鉄。


100%人畜無害。


誰よりも平和を愛する男、ごんぞーさん。


本能のままに生きられない哀しき性。
いちばん苦労するのは、このタイプちゃうやろか。

肉だの草だの、ややこしい面々やなぁ。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| うさもひ1枚写真展 ・ 小ネタ | TOP↑

≫ EDIT

大きな3mm

重は、相変わらず
お尻から右側にコケることが多いです。



こんな感じで。
この体勢で手と左足で体を支えつつ、
右足を踏ん張り直して立ち上がるわけですが
最近、コケる回数がハンパなく増えました。

ケージ内を一歩動く度にコケてるような・・・

頓服の薬を飲んでも効いてなさそうやし
もう一回病院で診てもらったほうがええんかなと思ったり
なんぼ獣医さんでも神様やないねんから
病院に行ったところで何ができるねんと思ったり。

ちと心配ですが、しばらく様子を見ることにしました。


それはそうと、だいぶ爪が伸びてきてるから切ってみました。
今年に入ってから切ってなかったような・・・(; ̄ー ̄A



爪でツメと書いてしまうこのセンス、どないやねん・・・
「ツ」が小鉄から、「メ」が重から収穫した爪でございます。

これを相方さんに見せると
「ヒマなやっちゃなぁ・・・」と吐き捨てられてしまいましたが
私は見逃さなかったぜ。
一瞬笑ったやろ。
その笑いこそ、私の動力なのである(* ̄m ̄)

うちでは犬猫用の爪切りを愛用してます。
1~2ヶ月に一回ぐらいしか使わないけど
年数が経つと切れ味が落ちてきますね。
研げるのかもしれませんが、素人には難しい形状やし
2代目爪切りに買い換えました。


ほんで、なんとまあ不思議なことに、
重の爪を切ったらコケる回数が減りました( ̄∇ ̄;)



いつものレベルでフラフラとはしてますが、しっかり立ってます。

うさぎの爪は弧を描くようにカーブして生えてるので
伸びすぎると、つま先が浮いて踵のほうに重心がかかります。たぶん。

伸びてるいうても、切った爪は2~3mm程度やし
小鉄は何ともないみたいですが
重にとっては歩きづらくなるほど大きく影響してるんやろか。



たかが2~3mm、されど2~3mm。
マメに切ってあげなアカンなぁ。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重がメイン | TOP↑

≫ EDIT

いちごリップ

ケタ違いでお値段が高いはずの、いちごの王様?あまおう、
そりゃ食べてみたいと思うけど
時々見かける1パック600円のあまおうて、どうよ。
中途半端な金額すぎて、なんだか信用できないぜ・・・

そんなわけで、結局いつも普通のいちごを買ってしまうんですが
これでも充分美味しいからええか( ̄∇ ̄;)

重と小鉄は、昔はいちごをあげても喜ばなかったのに
何度か食べて味を覚えたのか、今では飛びついてくるようになりました。



重は、一口ずつ食べるので写真もいっぱい撮れます。



最後まで、飼い主にいちごを持たせて
ゆっくりキレイに食べてます。
飼い主の手以外は汚れません。



すごく体が斜めってますが、美味しいものを食べてるときは
なぜかコケないんですよねぇ。驚異のバランス感覚です。
いちごの果汁がエエ感じに唇について
口紅でも塗ってるみたいになっております。
いちごリップに、飼い主萌え。


生物嫌いの小鉄も、生いちごは大好きです。



小鉄は、いちごに大きく齧り付いて
そのまま飼い主の手から、いちごをかっさらいます。

カメラがピントを合わせているわずかな時間に
あんなにデカかったいちごが、すでに小鉄のお口の中へ。



とにかく口に入れてしまえば、もうボクのもの、とか思ってる??
誰も取らねぇし、取ったことないんですが
兄弟にもまれて育つと、こうなるんでしょうか。

お口に頬張ったデカイいちごを、小鉄が噛み砕くと
行き場をなくした果汁は、ボトボトお口の外へ・・・

汚いです。



そしてお口まわりは、血ぃ吐いたみたいになってます。
いちごスプラッターに、飼い主ドン引き。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重&小鉄 | TOP↑

≫ EDIT

寝ちゃダメだっ!

小鉄の写真は、結構撮りづらいです。

ケージ内にいる時は
重はカメラを向けても微動だにせず堂々としてますが
小鉄はいちいち反応して動きやがるんですよねぇ。

へやんぽタイムでも
カクカクで忙しかったり、なんやかんやでウロウロしてます。



こんな写真や、



こんな写真が大半を占めるわけで・・・


そんな 落ち着きのねぇ 活動的な小鉄ですが
へやんぽタイムに思わぬシャッターチャンスがあることを
発見してしまいました。

これ。



なんだか知らんが、
我がの縄張りのド真ん中で行き倒れている縄張りの主、小鉄。

こういう姿を見ると、なぜか
「寝るなっ、寝たら死んでしまうぞっ!」と言いいたくなってしまいますねぇ。
私は雪山で遭難したこともなければ
睡魔に勝てるような強い人間でもありませんが。

そういえば学生時代に
睡魔と戦うために目の周りにメンソレータムを塗りたくり
刺激が強すぎて、かえって目が疲れて爆睡したっけな・・・

なんて思ってると。



起きた。
無事に生還した縄張りの主は、お家に帰って行くかと思いきや。




今度は逆方向に行き倒れ。
決して画像を反転処理してるわけではないんですよ。



また起きた。

たぶん、ご機嫌なんやろうけど
それはなんやねん、何がしたいねん。

なぜか左右対称に転がる小鉄なのでした。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 小鉄がメイン | TOP↑

|  HOME  | NEXT

<< 2010年02月 | MONTHLY-SELECT | 2010年04月 >>