|  HOME  | NEXT >>

<< 2010年11月 | MONTHLY-SELECT | 2011年01月 >>

≫ EDIT

癒し癒されコシヒカリ

体のバランスを取るためや
眼振がでたときに
体も一緒に回ってしまわないように踏ん張ったり
コケたときにバタバタしながら立ち上がったりと
重の体は、さぞかしお疲れであろうと思います。

そんな重のために、見よう見まねで始めたマッサージ。

これがなかなか気に入ってもらえたようで
へやんぽタイムの半分以上が
なでれ&マッサれタイムになっています。

それならば、さらにオプション追加してみようかと
ホットパックを手作りしてみました。
その名の通り、凝った所や弱ったところ、痛めたところなどを
温めて血行を促進するグッズです。

濡らしたタオルをジップロックに入れて
レンジでチンすれば簡単に作れますが、すぐ冷めちゃうし
使った後の冷えきった濡れタオルを片付けるのが面倒くさいっしょ。

そこで、お米ホットパック。

作り方は、いたって簡単。
適当な布で適当な大きさの袋を作って
中身が偏らないようにするために
これまた適当に縫い目を入れて袋を仕切ります。



仕切った部分に、均等に
お米を入れて袋の口を縫い合わせて閉じます。


※全然均等ちゃうやん・・・

以上。

理由はよく分かりませんが、あればお米よりも玄米の方が良いそうです。
他には小豆とか、麦でもいいみたいです。

人に使う場合は、ずっしりした重さを感じるぐらいのほうが気持ちいいですが
うさぎに使うので、軽めの150gにしてみました。
これでも、うさぎにとっては重いかしら・・・

このホットパックをレンジで1分30秒チンして(※こまつ家のレンジの場合)
そのままでは熱いので、タオルで包んで使います。
さらにカバーに入れれば、保温性アップ&見た目もナイスかも。



うちでは、キャリーバックカバーを作ったときに余った布が
ちょうどええ大きさだったのでカバーにしてみました。


前置きが長くなってしまいましたが、さっそく使ってみます。



オヤビン萌え。

全身を包めるサイズに作ってありますが
半分に折りたたんで部分的に使ってもOKです。
大は小を兼ねるってアレだ。



そして耳出しバージョン。

重が嫌がらないので、そのまま様子を見てみると。



ゴロンの体制に入る重。



気に入っていただけたでしょうか。

重が15分ぐらいでホットパックから離れたので
その後は飼い主の肩に乗っけてみましたが
30分ぐらいは、じんわりと温かさが続きます。

せっかくなので、もう1回チンして
小鉄にも乗せてみました。



なすがままの小鉄。



そのまま2~3分固まった後
ケージを飛び出してカクカクしてました。

良かったのか悪かったのか、よぅ分からんリアクションやな。



手作りホットパックは、材料も安上がりで
一度作ってしまえば手間要らずです。

うさぎさんに乗せてヨシ、見物して萌えるもヨシ、
飼い主さんに乗せてもヨシ。
オススメです。


★ご注意
        ケガや病気になったばかりの時期や
        急性の炎症を起こしている時は、温めないようにしてください。








web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| おうちで手作り | TOP↑

≫ EDIT

冬と加齢の足音

秋のうさんぽシーズン真っ只中ですね。
最近、うさんぽしてる人を見かけることが増えてきました。

今までは、小鉄の身を守ることに心血を注いできましたが
これからは、うちのカクカク野郎が
よそのお嬢さんに悪さしないように、そっち方面にも
気を配らなければいけない時代がやってくるんやろか。

まぁ、そこまで公園やら河川敷が
うさんぽまみれになることはないでしょうが。

なったとしても、誰も寄り付いてくれないでしょうが・・・

なんせこっちは、デカいワンコがいる
うわんぽなワケで。

すっかり小鉄の必須アイテムとなった
毎度おなじみダンボールハウスを引っさげて
いつもの河川敷にやってきました。



ごんぞーさんが、ダンボールハウスの真正面で
獲物の出待ち 小鉄の護衛をしてくれています。

小鉄は、ちょっと寒いぐらいの曇った日なら
よく動き回るんですが
この日は暖かくて晴れだったので
ほとんどダンボールハウスから出てきませんでした。

なんとか撮れた写真がこちら。



近っ。通りすがりのカメラ目線?

 

跳ねてます。



走ってます。



ごんぞーさんとご対面。



最後は、ちょっと腰が引け気味に
ダンボールハウスに帰って行きました。


最近は、季節の変化も急激ですね。
うさんぽに行くタイミングを見計らっているうちに
いきなり真冬の寒さがやってきて
うさんぽシーズンが終わりそうな予感。



全然関係ない話ですが、最近ごんぞーさんは
関節に痛みがでてこられたようで
それは年齢的なもののようで
獣医さんオススメの関節サプリを飲み始めたそうです。

関節の痛みに冷えは良くないので
クリスマスプレゼントはレッグウォーマーなんてどうかしら。
全身ハダカにレッグウォーマーって、どないやねん。



重と小鉄は、関節が痛くなったりしないのか
ちょっと気になる飼い主です。








web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| おでかけ ・ うさんぽ | TOP↑

≫ EDIT

ペットは飼い主に似る?

ある日の重。
ケージの中でゴロンして、くつろいでいました。



しかし、なにやら様子が・・・



泣いてるのかいっ!? なした、重ぇぇぇぇぇ。


と、思ったら。



寝転んだまま、お顔と耳のお手入れ中でした。
The 寝づくろい。



それは、決して面倒くせぇとか、そういうことではないよな。
バランスを崩してコケちゃうから、あえて
寝転んでやってるんやんな、重。

ひたすらそう信じたい、飼い主なのでした。







web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 重がメイン | TOP↑

≫ EDIT

妄想劇場 ~感動のご対面~

【うさぎのしっぽ】の通販でお買い物をしたら
箱の中に必ず入ってくる、しっぽ通信。



12月号の表紙の仔うさぎさんが
思わず親近感を持たずにはいられない佇まいだったので
こやつにも見せてみました。



小鉄、ちと見てみ。



垂れ耳ブチに反応する、垂れ耳ブチ。



見てる・・・
小鉄にも、こんな仔うさぎ時代があったねぇ。



えらい興味津々です。


※仔うさぎさん、女の子だったらスマン

ありえない。
小鉄に息子がいることなど絶対にありえない。

でも、もし、息子がいたとして、訪ねてきてくれたとしたら←それはそれで大問題やろっ!
絶対面倒見ちゃうやろな。
小鉄親子は、間違いなく面白いやろな・・・なんて
ひとりで妄想してニヤける、怪しい飼い主でした。







web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 小鉄がメイン | TOP↑

≫ EDIT

歓迎。前向きな様子見

本日は、ちと長いですよ。
お笑い要素もございませんよ。

かといって重いかといえば、そうでもないような話なんですが
お付き合いくださいませ。


月に2~3回ぐらい眼振が出る重。
斜頚を起こした時から診てもらっているK動物病院では
重は水平眼振なので、おそらく耳に異常があると思われる。
抗生剤やビタミン剤にも反応しないので、これ以上の治療法はなく
具合が悪いときに、めまいを抑える薬を飲ませて
様子を見ましょうという治療方針です。

とはいっても
薬の効果は感じられず、様子を見るっちゅうか
何もしてやれずに重に耐えてもらっているのが現状ですが。

最近、足の膿瘍でお世話になった近所のO動物病院で
たまたま眼振を起こした重を見たO先生が、こんなことを言っていました。

『眼振が続くようなら駆虫薬を飲んでみるのもいいかもしれません。』

O先生が、耳じゃなくて脳の治療の話をするのは、なんでやろ?
その言葉が、ずっと気になっていた。

重が苦しんでるのに何もしてやれないのが飼い主としてはツライし
少しずつ重のコケ方は酷くなっているようにも思えるし
一度、O先生に相談してみることにしました。

何からどう話せばいいのか分からんけど、O動物病院へ。

キャリーカバーを開けると、重が眼振を起こしていました。
重には悪いがナイスタイミングやと思った。

診察室に呼ばれて、まずは
コケ方が酷くなっていることと、眼振が出ていることだけ伝えてみた。

O先生は重を床に下ろして(落下事故防止のため)動き方を診て、手足を触る。
重を抱っこして、いろんな方向に回転させてみる。

そして、思わぬ言葉が・・・

『後遺症ということでしたが、今回は薬を使ってみましょうか。』

マジっすか
私、まだ何も言うてへんけど重にしてやれることがあるんすかっ。

O先生の説明をまとめると以下の通り。
     眼振には(主に)垂直眼振と水平眼振の2種類があり、
     垂直眼振は脳に、水平眼振は耳に異常がある場合にみられるといわれている。
     重の場合は水平眼振なので、耳に問題がある末梢性前庭障害と思われる。
     しかし、前足の反応が正常なのに対して
     後足の反応が鈍いことが気になるので、脳にも問題があるのかもしれない。
     脳が原因であれば、今出ている症状は元には戻らないが
     一度、抗生剤とステロイドで反応を見てはどうか。

斜頚が治った後、後遺症らしき症状と思われるようになってから
1年以上、ずっと耳のせいやと思ってきた重のヨロヨロは
脳の方にも問題があった可能性が浮上してきました。

重、気付いてやれなくてすまん。
O先生、何の情報もないのに、よくぞそこまで気付いてくれた。
うさぎは専門ではありませんが・・・て言いながら
めちゃめちゃ診てはるやん。

このような診察結果で
昨日は病院で抗生剤とステロイドの注射をしてもらって
今日から抗生剤とステロイドの薬を飲み始めました。


※お薬 in クランベリーを作っている図

治療を始めるには遅すぎるかもしれませんが
重は自分の足で立って歩いてるよ。ヨロヨロやけど。
まだ間に合う、大丈夫や。

せめて、重の苦しみが少しでも楽になればいいな。
これ以上悪くならないように食い止められたらいいのにな。

そう願いつつ・・・


※ブツは、もうすでに口の中に入っちゃってますが・・・

相変わらず、何の疑いもなく
薬 in クランベリーを食べていらっしゃる重なのでした。






web拍手 by FC2 ←こちらからコメント送信もできます。お気軽にどうぞ。

| 斜頚・前庭障害:重 | TOP↑

|  HOME  | NEXT

<< 2010年11月 | MONTHLY-SELECT | 2011年01月 >>