歓迎。前向きな様子見

本日は、ちと長いですよ。
お笑い要素もございませんよ。

かといって重いかといえば、そうでもないような話なんですが
お付き合いくださいませ。


月に2~3回ぐらい眼振が出る重。
斜頚を起こした時から診てもらっているK動物病院では
重は水平眼振なので、おそらく耳に異常があると思われる。
抗生剤やビタミン剤にも反応しないので、これ以上の治療法はなく
具合が悪いときに、めまいを抑える薬を飲ませて
様子を見ましょうという治療方針です。

とはいっても
薬の効果は感じられず、様子を見るっちゅうか
何もしてやれずに重に耐えてもらっているのが現状ですが。

最近、足の膿瘍でお世話になった近所のO動物病院で
たまたま眼振を起こした重を見たO先生が、こんなことを言っていました。

『眼振が続くようなら駆虫薬を飲んでみるのもいいかもしれません。』

O先生が、耳じゃなくて脳の治療の話をするのは、なんでやろ?
その言葉が、ずっと気になっていた。

重が苦しんでるのに何もしてやれないのが飼い主としてはツライし
少しずつ重のコケ方は酷くなっているようにも思えるし
一度、O先生に相談してみることにしました。

何からどう話せばいいのか分からんけど、O動物病院へ。

キャリーカバーを開けると、重が眼振を起こしていました。
重には悪いがナイスタイミングやと思った。

診察室に呼ばれて、まずは
コケ方が酷くなっていることと、眼振が出ていることだけ伝えてみた。

O先生は重を床に下ろして(落下事故防止のため)動き方を診て、手足を触る。
重を抱っこして、いろんな方向に回転させてみる。

そして、思わぬ言葉が・・・

『後遺症ということでしたが、今回は薬を使ってみましょうか。』

マジっすか
私、まだ何も言うてへんけど重にしてやれることがあるんすかっ。

O先生の説明をまとめると以下の通り。
     眼振には(主に)垂直眼振と水平眼振の2種類があり、
     垂直眼振は脳に、水平眼振は耳に異常がある場合にみられるといわれている。
     重の場合は水平眼振なので、耳に問題がある末梢性前庭障害と思われる。
     しかし、前足の反応が正常なのに対して
     後足の反応が鈍いことが気になるので、脳にも問題があるのかもしれない。
     脳が原因であれば、今出ている症状は元には戻らないが
     一度、抗生剤とステロイドで反応を見てはどうか。

斜頚が治った後、後遺症らしき症状と思われるようになってから
1年以上、ずっと耳のせいやと思ってきた重のヨロヨロは
脳の方にも問題があった可能性が浮上してきました。

重、気付いてやれなくてすまん。
O先生、何の情報もないのに、よくぞそこまで気付いてくれた。
うさぎは専門ではありませんが・・・て言いながら
めちゃめちゃ診てはるやん。

このような診察結果で
昨日は病院で抗生剤とステロイドの注射をしてもらって
今日から抗生剤とステロイドの薬を飲み始めました。


※お薬 in クランベリーを作っている図

治療を始めるには遅すぎるかもしれませんが
重は自分の足で立って歩いてるよ。ヨロヨロやけど。
まだ間に合う、大丈夫や。

せめて、重の苦しみが少しでも楽になればいいな。
これ以上悪くならないように食い止められたらいいのにな。

そう願いつつ・・・


※ブツは、もうすでに口の中に入っちゃってますが・・・

相変わらず、何の疑いもなく
薬 in クランベリーを食べていらっしゃる重なのでした。
web拍手 by FC2