ごんぞーさんに花束を

またまた気付けば2ヶ月が経とうとしております。
毎回言ってますが、ほんとすんませんm(_ _;)m
見てくださっている方、本当にありがとうございます。

ごんぞーさんがいない暮らしに
慣れてきたものの
いなくなっちゃったんだなぁ・・・と思う度に
ものすごく寂しくなります。

ここにあなたがいないのが淋しいのじゃなくて
ここにあなたがいないと思う事が淋しい by大事MANブラザーズバンド
みたいな。

そんなわけで?
ごんぞーさん亡き後のエピソードを
書いてみようかと思います。



ごんぞーさん用のお花を用意しようと思って
フラッと出かけてフラッと迷いこんだ細い道の通りに
たまたま花屋さんがあったので入ってみました。

黄色系で(ごんぞーさんの毛色はイエローだから)
ひまわりを入れてもらって(夏だから)あとはお任せで
予算はこれぐらいで、という注文をしました。

したらお店の方が
「お誕生日ですか?」と言われたので
「いえいえ実はうちのワンコが亡くなりまして・・・」と返したら
お店の方も愛犬家だったようで
老犬あるある話で盛り上がってしまいました。

そうしているうちに、お店の方が
「うち明日からお盆休みやから(売れ残ったお花は処分することになるから)
これも入れとくわ。」
と言いながらガンガンお花を足してくれて
トドメに「これ、お顔の周りに飾ってあげて。」と
カサブランカまでつけてくれました。

完成したお花が、こちら。

976

完全に予算オーバーだよ。
絶対おまけのほうが多いって。
ものすごく嬉しい&なんだか申し訳ないわ。

人の優しさが身に染みた出来事でした。

そして、こんなにサービスしてあげようと思ってもらえるほど
お花屋さんの心をガッツリわしづかみにしたのは
ごんぞーさんじゃないだろうか
あのとき、ごんぞーさんが傍にいたんじゃないだろうか
ふと、そんな気がしたのでした。

兎にも角にも
お花屋さん、ありがとう。
web拍手 by FC2